パンダの叫びで世界をハックする

パンダリオン

iPhone

iPhone通話中に誤作動の原因。それ「近接センサー」の故障かも!?

投稿日:

iPhone通話中に誤作動の原因。それ「近接センサー」の故障かも!?

iPhoneで通話中に、

「いきなりスピーカーになってびっくりした・・」

「勝手に切れてしまった・・・」

「ピッピッとボタン音がなった・・・」

などの症状がある方。もしかしたらそれって近接センサーの故障かもしれません。

近接センサーについて。

「近接センサー」とは!?

そもそも、通話中のiPhoneの画面ってどのような状態か知っていますか?

通話中なので気づかないかもしれないですが、「耳に当てている時は画面は消えていて、離すと画面がつく」という状態になっています。

このように液晶が画面が消えることによって、通話中に耳や頬などでアイコンなどをタッチ操作(誤作動)してしまうことを防いでいます。

つまり近接センサーとは、通話中の誤作動防止のために、液晶に顔が触れたことで自動的に画面を消えるようにするための機能です。

近接センサーってどこについてるの!?

近接センサーは、iPhoneの液晶画面の上部についています。

iPhoneの近接センサー

フロントカメラ(左)があり、イヤスピーカー(真ん中)があり、その上にある矢印部分の黒い点が近接センサーです。

通話中に、この点に耳や頬などが触れることによって液晶画面がついたり消えたりするのです。

イヤホン使用時は反応しない!?

イヤホンを使用している時は近接センサーは反応しません。

液晶画面が消えないので、ポケットや鞄に入れた時に誤作動してしまう事があるので気をつけてご使用ください。

近接センサーの故障はなぜ起きる!?

何もなく大事に使っている分には、近接センサーの不具合や故障が起きることはほとんどないそうです。

しかし!! 画面割れや間違った自己修理などをしてしまうと故障や不具合につながります。

地面に落としてしまった衝撃によって内部基板のチップが不安定になり、故障や不具合がでるのです。

近接センサーのトラブルは、外的損傷で起きやすいというわけです。

近接センサーの故障を確認する方法。

通話中に近接センサーを指で覆って、液晶画面が消えれば近接センサーは正常に効果を発揮しています。

通話以外の確認方法だと、ボイスメモを使うといいでしょう。

ボイスメモはiPhoneの標準アプリなのでみなさんのiPhoneに入っているはずです。

iPhoneのボイスメモ

iPhoneのボイスメモ画面

ボイスメモを開いて、何でもいいので録音したら、右上のスピーカーマークを白にしましょう。そのあとに、近接センサー部分を指で覆って液晶画面が消えれば反応している証拠です。

指で覆っても液晶画面が消えない場合は故障の可能性が大なので修理することを考えましょう・・・。

故障・不具合は街の修理店へ行くのがオススメです

近接センサーが故障してしまうと、通話する時にとっても不便です。静かな場所で、いきなりスピーカーになったりすると恥ずかしいですし周囲の人もびっくりですよね。なので、少しでも故障かなと思ったら修理店へ持って行きましょう。

その際にオススメなのが街の修理店さんです!

街の修理店へ持っていくメリットは部分修理ができることです。故障部分のみの修理なので、修理にかかる時間も短くさらにリーズナブルな修理価格なお店が多いです。

反対に、Apple正規の修理店の場合は本体丸ごと交換という形になるので、街の修理店と比べて修理価格もどんっと高くなります。

高くても新品になるなら・・・♪d( ̄  ̄)という方は、Apple正規の修理店だとラッキーですけどね!

どちらにせよ、近接センサーの故障かなと思ったら放って置かずに修理へ出しましょう。

スポンサーリンク

-iPhone
-

Copyright© パンダリオン , 2019 All Rights Reserved.