パンダの叫びで世界をハックする

パンダリオン

iPhone

いきなり液晶が真っ暗…そんな時の対処法まとめ

投稿日:

いきなり液晶が真っ暗…そんな時の対処法まとめ

iPhoneを使っていたら液晶がいきなり真っ暗に…、音やバイブはするけどなんでだろう…。

なんていう経験、みなさんはありますか?ちなみに私は、ついこの間初体験したところです。

iPhoneの画面が真っ暗

落としたり、水没させてしまったりで液晶が使えなくなってしまったことはありましたが、いきなりは初めて(T ^ T)

充電はバッチリ100%にしていたので、充電切れではないはずなのに、なんでーー!と頭の中はハテナだらけでした。

しかし、液晶は真っ暗なのにsiriが起動していたので、siriを頼りに知り合いの方に連絡しました。もう修理に出さなきゃいけないのかなー、お金かかるなーと落ち込んでいたんですが、

その方からのアドバイスでなんと、私のiPhoneが復活!一命をとりとめたというわけです。

そこで今日は、液晶がいきなり真っ暗になってしまうことについての対処法や原因などをまとめていきたいと思います。

 

液晶が真っ暗な時の状態と原因。

いきなり液晶が真っ暗になり操作が出来なくなってしまうという状況が起きると焦りますよね。

しかし、そんな時でも冷静に対処していきましょう。

"ブラックアウト現象"とは!?

いきなり液晶が真っ暗になってしまう現象のことを”ブラックアウト”と言います。

iPhoneにこの現象が起こった場合、

  • 液晶は真っ暗なのにバイブやサウンドの動作は起動はしている状態
  • 充電を入れても液晶が全くつかない

上記のような状態です。

なぜ、ブラックアウトが起こってしまうのか。

では、なぜこのようにブラックアウトの現象が起こってしまうのか…原因としてはさまざまなものがありますが

  • ソフトウェアによる不具合
    →最も発生率が高い。インストールしているアプリや起動中のアプリの相性で起こる。
  • ディスプレイケーブルが外れていたり傷がついていたりしている
    画面の破損や地面に落としてしまった衝撃で起こる
  • バックライトが切れている

主な原因はこの3つが考えられます。

 どんな方法で対処するのがベスト!?

画面が真っ暗という症状の中でも原因によって、対処法が変わってくるのでしっかり見極めていきましょう。

⑴充電切れではないか確認。

充電切れ

ソフトウェアの不具合や画面破損…原因はいろいろですが、まずは充電の確認から。

手元に充電器があるならば充電をしてみましょう。ない場合はiPhoneのスリープボタンを長押しして充電のマークが表示されればOK。

充電がなくなって液晶がつかなかっただけならば、充電されればいつも通りに戻るので問題はなしということになります。

⑵ 強制再起動をしてみる。

充電切れではないと確認したら、次に疑うのはソフトウェアの不具合。

サイレントスイッチを操作すると本体が振動したり音が鳴ったりするような状態です。

強制再起動

このような場合、壊れたから修理に出さなきゃ!と慌てずに、まずは強制再起動を試してみましょう。

ここでのポイントなんですが、iPhoneの種類によって強制再起動するために押すボタンが違うので、間違えないように知っていて欲しいです!

iPhoneX/8/8Plusの場合

⑴ 音量キー(上)ボタンを一回押してすぐに離す。

音量の上

⑵ 音量キー(下)ボタンを一回押してすぐに離す。

音量の下

⑵ その後すぐにサイドボタンをAppleロゴが表示されるまで数秒間押し続ける。

サイドボタン

iPhone7/7Plusの場合

サイドボタンと音量ボタンの下の2つを同時に数秒間押し続ける。Appleロゴが表示されたらすぐに離す。

iPhone7の強制再起動

iPhone6/6S,それ以前での場合

ホームボタンと右にあるスリープボタンの2つを同時に数秒間押し続ける。

Appleロゴが表示されたらすぐに離す。

《iPhone6/6S/Plusのボタンの位置》

iPhone6系

《iPhone5S/SE以前のボタンの位置》

iPhoneSE以前のモデル

⑶ どうしても治らない場合は修理へ。

画面がいきなりブラックアウト状態になってしまった場合、だいだいは再起動をすることで直ることが多いです。しかし、再起動でも治らない場合は起動で直らない場合は画面の故障によるものになるので、修理に出しましょう。
ちなみにですが!!修理に出すのなら正規店よりも民間の『修理専門店にお願いすることをオススメします。修理専門店の方が費用も抑えられ、さらに早く修理することが可能になのです。

ちょっとした補足として ・・・

ブラックアウトの現象が起きないためにも、

iPhone電源をたまに落として、リセットしてあげることが必要みたいです。

人間と同じですね。笑iPhoneもたまに休ませてあげないと疲れてしまう…ということ!

電池切れになる前に充電器に差し込んで、充電しながらiPhoneを触る…とやりがちですが、充電する時にはなるべく電源を切ってあげましょう。

まとめ

今回は、iPhoneの画面が真っ暗になってしまうことについての記事でしたが、参考にはなったでしょうか!?

みなさんもブラックアウトの状態になっても焦らずに対処しましょう。誰にでも起こりうることだとおもうので、ぜひ頭に入れておいてくださいね!

スポンサーリンク

-iPhone
-

Copyright© パンダリオン , 2019 All Rights Reserved.