パンダの叫びで世界をハックする

パンダリオン

子供の成長

【ベビーラック】我が家がホワイトレーベル「ネムリラ」を購入した理由と使用レビュー

投稿日:2019年1月7日 更新日:

【ベビーラック】我が家がホワイトレーベル「ネムリラ」を購入した理由と使用レビュー

明けましておめでとうございます。先日娘が生まれましたパンダリオン(@pandarion_com)です。

我が家の娘は10月末に生まれたので、現時点ではまだ生後2ヶ月。可愛い可愛い時期なんですが、なんといっても大変なのが…

全然寝てくれない!

お腹が減っているのか、オムツが気になるのか、機嫌が悪いのか…、理由も分からないんですがずっと泣いてて寝てくれない。嫁も寝れなくて疲れ切ってる。

ネットでいろいろ調べてみると、ベビーラックが効果的との話が。そこで、実際に販売しているトイザらスへ直行!早速買ってきました。

今回は我が家で購入したベビーラック「ネムリラ」のレビュー、良かったところ、悪かったところです。お子様の夜泣き、抱っこ泣きに悩んでいるママにはオススメの商品かもしれません。

ベビーラックと似ている商品に、バウンサーというものもありますよね。ベビーラックとバウンサーの違いについて、詳しくはこちらの記事でご説明しています。

ベビーラックとバウンサーの違いは?どちらを買えばいいの?それぞれの違いと、おすすめ商品をご紹介します。
ベビーラックとバウンサーの違いは?どちらを買えばいいの?それぞれの違いと、おすすめ商品をご紹介します。

こんにちは、二人の子持ちパンダリオン(@pandarion_com)です。 子供が生まれると準備しなければいけないものがたくさんありますが、中には「必需品ではないけど欲しいな〜」なんてものもあるはず。 ...

続きを見る

ネムリラ AUTO SWING BEDi

ネムリラ AUTO SWING BEDi

一般的には「コンビのネムリラ」と呼ばれているベビーラックですが、正式名称は「ネムリラ AUTO SWING BEDi」。販売店などで探すときにはAUTO SWINGで探した方がいいかもしれませんね。

「夜は作れる」というキャッチコピーにあるように、赤ちゃんの夜泣きを抑えるための商品です。

自動でゆさゆさと自然な揺れを作ってくれるので、赤ちゃんも落ち着いて寝付いてくれるとのこと。

電動で揺れる「すやすやオートスウィング」、包まれるような寝心地を実現する「ダッコシートプラス」により、赤ちゃんを夢の中にいざないます。

トイザらスで実機を見てみると、スイッチ一つでゆさゆさと前後に揺れてくれます。寝かしつけ抱っこと同じような雰囲気で揺れてくれるので、これならうちの子も寝てくれるかも!と購入。

ネムリラには種類があるので注意

コンビのネムリラと一言で言っても、実はいくつかの種類があります。グレードのようなものなのですが、このグレードを理解せずに購入すると、「思っていた機能がついていない!」なんてこともあり得るので要注意。

ネムリラ AUTO SWING BEDi EG

ネムリラ AUTO SWING BEDi EG

こちらがネムリラのベースモデル。2017年に発売されたモデルですが、しっかりと電動スイング機能は付いています。

ベースグレードでありながら、

  • 4段階で速度調整可能な電動スイング
  • 5段階のリクライニング機能
  • 5段階の座面高さ調整機能(50センチ〜22センチ)

を備えているモデルなので、電動スイング機能が欲しいというだけの人にはぴったりかもしれません。抱っこシートも付いているので、赤ちゃんの体をしっかりホールド出来ます。

また、4つのキャスターが付いています。我が家もそうなのですが、料理をする時、ソファーでくつろぐ時、ちょっとトイレへ行く時など移動が必要なシーンがありますよね。そんなときにキャスターがついているとコロコロと移動できるので便利。

ただ、光を遮ってくれるシェードや特殊な揺れ機能などは付いていないので要注意。夜泣き対策で購入するなら、シェード付きの少し上級グレードが必要かもしれません。

ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG

ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG

こちらのモデルは、先ほどのベースグレードにおやすみドーム(遮光シェード)が付いたもの。

赤ちゃんは常に上を見ているので、大人が思っている以上に部屋の光を眩しく感じているようです。そのため、寝付かせるときにはしっかりと光をシャットアウト!そのためのおやすみドーム。

また、赤ちゃんが包まれるような寝心地を感じる抱っこシートプラス、赤ちゃんの柔らかい頭と体を守るエッグショックが搭載されています。この優しいホールド感で赤ちゃんも落ち着いてくれるでしょう。

基本的な規格は上で紹介しているBEDi EGと変わらないのですが、赤ちゃんを寝かしつける目的であればこちらの「おやすみドーム EG」が断然オススメ。シェードで目線を隠しているので、親としても安心して見ていられます。

我が家で購入したのがこのモデルです。

ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドームGrande EG

ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドームGrande EG

Grande EGという名前が付いているこのネムリラ。これがネムリラの最上モデル。これは2018年の12月に発売された、まだ新しいモデルです。

大きくなったスリープシェル(上についてる目隠し)、赤ちゃんをしっかりと包み込んでくれる抱っこシートプラスが付いたモデルです。

赤ちゃんはちょっとした光だけで目を覚ましてしまいますし、蛍光灯の光が眩しいのかなかなか寝てくれません。そんなときに便利なのが、このスリープシェル。赤ちゃんの視界から光を遮ってくれます。

先ほどの「おやすみドーム EG」よりもシェードが大きく、さらに通気性の良い素材に変更されています。光は遮りながら、夏場はしっかりと通気してくれるので思わぬ温度上昇も無く安心。

また、赤ちゃんは自分の体がしっかりとホールドされていないと寝付いてくれませんよね。そんなポイントも抱っこシートプラスで解決。新生児の体にぴったり合わせられるクッションが付いているので、寝付いた赤ちゃんをおいてもフガフガ言い出すことは少なくなります。

ネムリラを実際に使ってみたけど…

お店で見たときにはかなりいい感じで、これで寝付いてくれるなら楽なもんだと思ったんですが…、実際に使ってみるとなかなか寝てくれない。

ちょっと抱っこして寝てからネムリラに置いてみるんですが、ちょっと経つとフガフガ言い出して泣き出しちゃう。スリープシェード(おやすみドーム)を閉めても目覚めちゃうんですよね。「寝たかな?」なんて思ってシェードの隙間から覗いてみると、ジーッとこっちを見つめる娘と目が合ってしまう…。

そんなにさっぱりとネムリラで寝付いてくれるほど簡単ではありませんでした。

2、3ヶ月後に効果が出る子もいるらしい

しかし、ネットで調べてみると使いだした頃は効果がなかったけど、2、3ヶ月後に改めて使ってみるとぐっすり寝てくれる子もいるみたい。うちの娘もそのパターンであることを祈って、今はちょっとした時のベッドとして使っています。

きっと、初めての感触(抱っこシート)が気になって落ち着かないのかもしれません。僕の腕では寝てくれるのに、お母さんの腕だと寝なかったりするんで、そのあたり敏感なのかもしれませんね。

誰の抱っこでも、どんな抱っこでも寝付いてくれる子にはネムリラのようなベビーラックがオススメかもしれません。逆に、うちの娘みたいに特定の人の抱っこじゃないと寝付かない子の場合は、ちょっと厳しいのかも…。

4歳まで使えるらしいので、椅子として使える

ネムリラは体重18kg以下の子供であれば使える(スイング機能は8kgまで)ので、ちょっと大きくなったら椅子として使用することも出来ます。高さ調整機能リクライニング機能が付いているので、食事の時にも使えそうです。

クッション性もいいので、3歳くらいになってちょっと寝てしまった時にはネムリラでお昼寝もありかも。

ネムリラを買って良かったポイント

と言っても、基本的にネムリラは寝かしつけを自動的にしてくれるアイテムでは無く、ちょっとした隙間時間に落ち着かせるためのもの。完璧に寝かしつけてくれるものでは無く、寝かしつけ時間を短縮するためのものです。

我が家でも寝かしつけにはそこまで役立っていませんが、ちょっとした時に落ち着かせる場所としては大変役立っています。

キャスターが付いているので、どこでもコロコロ持っていける

ベビーラックってママが使うイメージですが、電動のものになるとかなり重い…。(12kgほど)でも、ネムリラにはしっかりと4つのキャスターが付いているので安心。

我が家ではお風呂の時間に役立っているようです。娘を先にお風呂へ入れて着替えさせ、ママが入っている間だけ脱衣所に設置されたネムリラに寝ています。ゆさゆさ揺られているので、すぐに泣き出したりしませんし、5分〜10分くらいは落ち着いて待っていてくれるそう。

また、ちょっとソファーで休憩したいときにはソファーの側までコロコロと移動できるので、一緒にゆっくりすることが出来ているようです。ソファーに座っていてもずっと抱っこでは大変ですからね。

さすがにキッチンまでは連れて行っていませんが、ちょっとした料理を作っているタイミングでもネムリラで揺られていれば大丈夫。泣き出すことも少ないですし、目線が届きやすい高さなので安心して料理できるようです。

座面の高さ調整が出来るので、寝る前に便利

我が家は、今のところママと娘だけ床で寝ています。どうしてもママと一緒じゃないと寝れないようで、ベッドで寝かすわけにもいかず…。

寝る前の時間ってちょっとゆっくりしたいですよね。そんな時にもネムリラがあると便利。

ネムリラは高さ調整が出来るので、布団に座っている高さに合わせることも出来ます。一番下の高さまで下げてやれば、座っている目線からも赤ちゃんの表情が確認できます。これで寝てくれたらいいんですが…、ぱっちり開いた目で見つめています。

ま、寝かしつけばかり考えるのでは無く、赤ちゃんを安心して寝かし、自分もちょっと落ち着いた時間を作るためにはオススメのアイテム。

音楽が流れるので、少し落ち着いてくれる

うちの娘も生後2ヶ月になると、ちょっと周りの音にも反応するようになってきました。おもちゃのシャカシャカ音や、ベッドメリーの音楽にも反応してくれています。

ネムリラにもメロディ機能がついているので、乗っている間も比較的落ち着いてくれます。時にはスイング機能を使わなくても、音楽だけでゆっくりしてくれることも。おもちゃの音とはちょっと違い、包まれているような環境で周りから音が聞こえるので落ち着くのかもしれませんね。

赤ちゃんグッズをたくさん販売しているコンビなので、そういったメロディも考えられているのかも。

テーブルが付いているので、離乳食の時にも使える

ネムリラにはテーブルが付属しています。新生児の段階で使う事は無いのですが、取り外し可能なので問題なし。

離乳食が始まった頃って、どうしても机の高さが合わなくて大変なんですよね。椅子に座らせてもちょっと高さが足りないし、ダイニングテーブルにくっつけるタイプは外れた時が怖いし…。

でも、ネムリラだったら椅子にテーブルが付いていますし、そのまま高さ調整できるので大人と同じ高さで食事ができます。食べさせるのも楽そうだし、同じ目線でご飯を食べられるのは嬉しい。

離乳食はまだまだですが、この機能があるとこれからが楽しみ。

ネムリラは、総合的に満足

最初にネムリラを買おうと決めた時は「これで夜泣きがなくなれば最高!」なんて思っていましたが、正直な話そこまで甘くありませんでした。全然寝付いてくれないし、今でも夜泣きします。

ただ、ネムリラ本体の機能にはおおむね満足。寝付いてくれる事はないですが、ベビーベッドに置くよりは長い間落ち着いてくれています。うちの子はベビーベッドに置くだけで泣き出すんですよね…。

ちょっとした時間に活用できるので、ママの育児負担も少しは減ったか…?と思っています。本人曰く「思ったほどじゃないけど、買って良かった」とのことなのでOK。

金額は5万円程〜とちょっとお高めの商品ですが、子供のぐずりに悩んでいるママ、パパは購入を検討してもいいかも。

【コンビ】ネムリラの製品情報について詳しくはこちら

スポンサーリンク

-子供の成長

Copyright© パンダリオン , 2019 All Rights Reserved.