Mac

【2019年版】MacBookのUSB-Cポートを拡張できるおすすめアクセサリ!MacBookで快適作業

投稿日:2019年2月2日 更新日:

【2019年版】MacBookのUSB-Cポートを拡張できるおすすめアクセサリ!MacBookで快適作業

スポンサードリンク

こんにちは、MacBookヘビーユーザーのパンダリオン(@pandarion_com)です。

このブログでも再々お知らせしている通り、僕はMacBookを気に入って使っています。仕事もプライベートもMacBookで作業をしています。

12インチMacBook購入!僕が選んだスペックとその理由をご紹介。
12インチMacBook購入!僕が選んだスペックとその理由をご紹介。

こんにちは、Apple製品大好きパンダリオン(@pandarion_com)です。 前回の記事で、最近MacBook 12インチが気になっているということをご紹介したところですが…、あのあと結局Mac ...

続きを見る

【レビュー】MacBook12インチ(2018)購入!控えめに言って最高のノートPC
【レビュー】MacBook12インチ(2018)購入!控えめに言って最高のノートPC

こんにちは、パンダリオン(@pandarion_com)です。12月7日やっと待ちに待ったMacBook12インチ(2018年モデル)が届いた! 買おうかどうしようか迷いに迷って購入したノートPCなだ ...

続きを見る

しかし、これだけ気に入っているMacBookにも一つだけ欠点が…。

それが、MacBookの拡張性!

MacBookにはUSB-Cポートが一つだけ

MacBookにはUSB(タイプC)ポートが一つしか搭載されていないので、接続できるアクセサリーが限られます。外部のUSBメモリを使おうとか、有線マウスを使おうとか、みなさんそれぞれ接続したい機器があると思いますが、簡単には接続できません…。

接続端子がUSB-C(タイプC)なので、今まで一般的に使用されているようなUSB(タイプA)が使用できません。

USB-Aの多因子形状

USB-Aと言うと、上の画像のようなタイプのUSB。ここ数年、ほとんどの機器がこのUSBを使っていたと思います。しかし、新しいMacBookに搭載されているのはUSB-C。

USB-C端子

このように、上下が関係ない形をしていて使いやすい印象。ただ、あまり普及していないので、まだまだUSB-C対応の周辺機器が販売されていないのも現状です。

MacBook充電している時には周辺機器が使えない

MacBook ProはUSB-C端子が4つ(Touch Bar無しモデルは2つ)搭載されているので、まだ拡張性に優れている機種かもしれません。

しかし、MacBookはUSB-C端子一つ。しかも、MacBookの充電は、そのUSB-C端子を使って行うので充電中は他のアクセサリに接続することができません。つまり、充電中は外部モニタもUSBメモリも使えないと言うこと。

十分に充電されている状態ならいいかもしれませんが、どうしてもMacBookを充電しながら使いたいタイミングってありますよね。それこそ、デュアルディスプレイで作業する時には充電とディスプレイ接続が必要です。

【おすすめサブディスプレイ】ブログ環境を最適化させるため、デュアルディスプレイの選び方
【おすすめサブディスプレイ】ブログ環境を最適化させるため、デュアルディスプレイの選び方

こんにちは、パンダリオン(@pandarion_com)です。僕はWeb関連の仕事をしているので、毎日何時間もパソコンと向き合っています。 仕事のほぼ全てをパソコンで行うので、作業スピードがとても大事 ...

続きを見る

となると、考えられる方法は一つ。MacBookのUSB-C端子にアダプタを接続する方法。

MacBookのポート拡張おすすめアクセサリー

と言うことで、MacBookのUSB-Cポートを拡張できるおすすめアクセサリーをご紹介します。

ポート拡張を行うことによって、USB-Cだけではなく、USB-A、HDMI、SDカードなどと接続することができます。周辺機器を使いたい方、デュアルディスプレイを活用したい方はぜひご覧ください。

Apple|USB-C Digital AV Multiportアダプタ

AppleのUSB-C拡張アダプター

こちらはAppleから販売されているApple純正の拡張アダプタです。出力できる先は

  • USB-A
  • HDMI
  • USB-C

の3種類。僕もこのアダプタを使っているんですが、何よりもApple純正という安心感がありますね。

また、このアダプタを持っておけば、HDMI接続でサブディスプレイに画面を拡張しつつ、USB-Cで充電することもできます。USB-Aも搭載されているので、今までのUSBメモリを活用することも可能。

さらに、比較的コンパクトな設計なので持ち歩きにも困りません。Amazonなどで販売されているものと違い、ちょっとだけケーブルが付いているので狭い場所でも自由度があります。くねっと動かせば向きを変えられるので便利。

ただ、価格が6,800円(税別)と、3ポート拡張のアクセサリにしては価格がちょっと高め。それもApple純正という安心感の価格なのかなーと思ってます。

>>【公式】USB-C Digital AV Multiportアダプタ

Satechi|マルチ USB ハブ Type-C

YouTubeを見たり、Amazonを見たりされている方は見かけたことがあるかもしれないメーカー、Satechi(サテチ)から販売されているUCB-Cの拡張アダプタです。

  • USB-A(3.0) × 3
  • SDカードスロット × 1
  • Micro SDカードスロット × 1

の5ポートを搭載した拡張アダプタです。

Satechiの拡張アクセサリ

画像を見てもらうとわかる通り、かなりコンパクトに設計されいているのでMacBookに接続していても違和感がありません。カバンに入れて持ち運ぶのにも適していますね。

しかし、MacBookに接続したまま持ち歩くのはやめたほうがいいでしょう。接続しているのはUSB-C端子なので、ちょっとした衝撃で折れてしまう可能性があります。

さらに、このSatechiのUSBハブはMacBookのカラーに合わせたカラー展開となっています。上のシャンパンゴールドだけではなく、グレーとシルバーも販売されています。

価格も3,538円とApple純正のアダプタよりも安価で販売されています。「純正アダプタは高いな〜。」なんて方はこのSatechiのUSBハブを検討してみてもいいかもしれません。

>>Satechi マルチ USB ハブ

Hyperdrive|USB Cハブアダプタ

パソコンの拡張アクセサリを多数販売しているHyperdriveから、MacBookのUSB-Cに対応した拡張アダプタ(ハブ)が販売されています。接続できるのは

  • USB-A(3.0) × 2
  • USB-C × 1
  • HDMI(4K対応) × 1

の4つ。この中でも注目なのは、4Kに対応したHDMIポートが搭載されていること。

Hyperdriveの拡張アダプタは4K対応

サブディスプレイを使用する方は、出来れば大きな画面で作業したいでしょう。そんな時に4K接続ができるHDMIポートがあると便利。

4Kになると画面が綺麗に映るだけではなく、作業スペースをかなり広く取ることができます。作業スペースが広くなるので、MacBookだけでもしっかりと作業できますね。

ただ、価格は約15,000円ほどとかなり高額。MacBookの接続ポートを拡張するだけではなく、サブディスプレイでの作業性にも拘る方におすすめしたいUSBハブです。

>>Hyperdrive USB Cハブアダプタ

VAVA|USB C ハブ 8-in-1

こちら、最近SNS広告などで見かけた方も多いのではないでしょうか?AmazonでもTOPに表示されるくらい人気の拡張アダプタ(ハブ)です。

VAVAの拡張アダプタ

対応しているポートは

  • USB-A(3.0) × 3
  • USB-C × 1
  • HDMI(4K) × 1
  • SDカードスロット × 1
  • Micro SDカードスロット × 1
  • Ethernet(インターネット有線) × 1

とかなり豊富。中でもインターネットの有線接続(Ethernet)に対応しているのはかなり嬉しいアダプタですね。最近のホテルでも、まだまだWi-Fiが弱くて有線接続したいシーンがあります。

また、Hyperdriveの拡張アダプタと同じくHDMIも4K出力が可能。サブディスプレイで作業したい人にはかなり嬉しい拡張性ですね。

1台8役の機能を持ちながら、本体サイズは10.5cm x 5cm x 1.2cm とコンパクト設計。カバンに一つ入れておけば、作業場所へ着いた時にさっとMacBookの作業環境を拡張できますね。

これだけの機能性を持ちながら、価格は5,999円(Amazon価格)。かなりお手頃のUSBハブなので、拡張性が欲しい人で、本体ドッキングタイプでなくてもいい方にはかなりおすすめ。

>>VAVA USB C ハブ 8-in-1

VANMASS|USB-Cハブ 9-IN-1

VANMASSから販売されているこのUSBハブ。見た目の通りかなり大型の拡張アダプタになります。大型だからこそ、接続できるポートも

  • USB-A(3.0) × 3
  • 急速充電USB-A(3.0) × 1
  • USB-C × 1
  • HDMI(4K) × 1
  • LANポート(インターネット有線接続) × 1
  • SDカードスロット × 1
  • Micro SDカードスロット × 1

の9つ。9つの拡張ポートを搭載している変換アダプタはなかなかないので、拡張性を重視する方にはおすすめ。

本体サイズこそ大きめなんですが、アルミ合金ボディーの美しい見た目なので、MacBookに合わせても違和感のないデザイン。他の拡張アダプタにはあまり搭載されていないLANポート、4KのHDMIポートが搭載されているのは嬉しいポイント。

これだけの機能性を持っていながら、価格は驚きの5,999円(Amazon価格)。こう考えると、Apple純正の拡張アダプタってかなり高いのかもしれませんね…。

本格的にWeb作業を行う方、MacBookをメインマシンとして使う方におすすめできる拡張アダプタです。

>>VANMASS USB-Cハブ 9-IN-1

今後はUSB-Cが一般的になるかも

最近、Appleから販売される製品はほとんどがUSB-Cに統一されています。Androidなどスマホの充電ケーブルもUSB-Cが一般的になってきていますね。というのも、パソコンなど製造メーカーはどんどんシンプル化していこうとしているんだと思います。

しかし、やはりUSBメモリやSDカード、HDMIケーブルによる画面拡張など、今までの環境を変えられない方も多いはず。そんな時に活躍するのがUSB-Cの変換(拡張)アダプタですね。

MacBookもその見た目のシンプルさがかっこいいパソコン。不便なポイントは外部機器でカバーしていきましょう。拡張アダプタも一つ持っておくと、いざという時に助けられるかもしれませんね。

スポンサードリンク




-Mac

Copyright© パンダリオン , 2019 All Rights Reserved.