パンダの叫びで世界をハックする

パンダリオン

ガジェット

MacBook Proユーザー必見!もう出先の充電に困らない。持ち歩きにオススメのサブ充電器

投稿日:2018年6月19日 更新日:

MacBook Proユーザー必見!もう出先の充電に困らない。持ち歩きにオススメのサブ充電器

こんにちは、毎日MacBook Proを持ち歩いているパンダリオン(@pandarion_com)です。

僕が使っているパソコンはMacBook Pro2016年モデル。端子が全てUSB-C(Thunderbolt3)に統一されたパソコンです。

かなりスペックの高いパソコンで、仕事もプライベートもこの一台だけで完璧!…なのですが、ちょっと問題も。それは

充電器がデカイ!重い!

そう、MacBook Proの充電器はコンセントに挿す部分が大きくて、さらに重い。移動で持ち歩くはずのノートパソコンなのに、充電器がここまで大きいと不便…。外出の時にカバンに入れて持ち歩くのが大変です。

いくら「MacBookの充電は長持ち」と言っても、充電器なしで外出するのはちょっと心もとない…。喫茶店へ行きだけでも、どうしても充電器を持って行きたくなっちゃいますよね。

家で充電しながら使っていて、外出のたびにコンセントを外してカバンに充電器を入れる。この作業が面倒に感じているのは僕だけじゃないはず。

そこで僕は、純正の充電器はオフィスに常設して、外出の時には別の充電器を持ち歩くようにしています。

オフィスで仕事する時には純正の充電器に繋ぎ、外出の時にはサブ充電器を使う。これで純正のデカくて重い充電器を持ち歩く手間もなくなり、常にカバンにはサブ充電器を入れておけば大丈夫!

ということで、今回は僕が使用しているMacBook Proにオススメのサブ充電器をご紹介します。MacBook専用ではなく、USB-C対応の充電器なのでMacBook以外のパソコンを使用している方にもぴったり!

小さくて、軽くて、安いMacBook Pro用充電器

MacBook Proの充電器を僕が探していた時の条件は3つ

  • 純正充電器よりも小さく
  • 純正充電器よりも軽く
  • 何よりも安いもの!

そう、サイズも大事ですが、安く買えることも大事。

普通に考えれば、サブ充電器もMacBook Pro純正のものを買えばいいと思うかもしれませんが、純正の充電器って高いんですよね…。

Apple公式サイトを見れば分かるんですが、純正の充電器って7,000円以上するんです。充電器だけに7,000円ってちょっと高いですよね。

そこで、僕が探していた時の予算は5,000円以下!それくらいの金額じゃないと、正直買う気になれない。(実際には3,000円以下で充電器が買えました)

で、こんなガジェットを探すならAmazonだろう!ということで、Amazonを探し回ってみたところ…意外と安い充電器がたくさん売ってる!

その中でも、僕が購入したのはサイズが小さくて軽くて、安くてレビューが高いやつ。

HotTopStar|61W USB-C電源アダプタ

HotTopStar|61W USB-C電源アダプタ

僕が購入したのは、Amazonで販売されていた「HotTopStar」のUSB-C用充電器。

実は、MacBook Proはサイズによって電力が違います。

MacBook29W
MacBook Pro13インチ61W
MacBook Pro15インチ87W

僕が使っているMacBook Proは13インチモデル。なので、探した充電器は61W対応のもの。15インチ用の87W充電器でも13インチMacBook Proを充電できるそうなのですが、高い電力で充電するってなんだかパソコンに悪い気がして…。
(実際に充電速度は変わらないそうです)

最近、「MacBook充電用に!」っていろんなUSB-C対応の充電器が販売されていますが、ほとんどが電力29WだったりとMacBook Proには対応できていないものばかり…。

でも、このHotTopStarの充電器はしっかりと61W出力。純正充電器と電力が変わらないので、僕のMacBook Pro13インチもちゃんと充電できます。(15インチも充電出来るみたいなんですが、充電速度がめちゃ遅いらしい。)

HotTopStar充電器のメリット

では、次にHotTopStarを1年ほど使ってみて僕が感じたメリットをご紹介。

サブ充電器を探している人はHotTopStarを買っておけば間違いないってくらいのメリットがあったので、ぜひ検討してみて下さい。でも、「私は純正品しか使わないんです。」っていうApple信者の方にはあまりオススメできないかも。

とりあえず、サブ充電器持ち歩くのは最高

HotTopStarは完全なサブ充電器として使っているんですが、オフィスに充電器があってサブ充電器をカバンに入れて持ち歩くの、今のところ最高です。

何よりも会社に行く時の心配が少なくなりましたし、喫茶店へ行って

パンダリオン
あ、充電がない

なんて時にサブ充電器を持ってると便利。ちょっと充電しながら作業してればバッテリーも100%。HotTopStarは61W充電器なので、純正と同じスピードで充電出来て困る事なし。

普段は純正充電器で充電することにして、HotTopStarはサブ充電器としてカバンに入れておくだけ。どこでも充電できる状態ですぐに出かけられるのはかなり快適。心配が一つなくなりました。

僕みたいにノートパソコン1台で仕事を済ませたい方には絶対にオススメ。

ちゃんとケーブル別体型

安い充電アダプタを探していると、アダプターと充電ケーブルが一体型になっているものがたくさん。

一体型になっていれば充電ケーブルを無くすような心配はないですが、どうしても取り回しが大変。充電器をカバンの中に入れておく時も、受電ケーブルがぐちゃぐちゃになってしまったり。

でもHotTopStarの充電器は充電ケーブルが別体式になっているので、収納するときには充電ケーブルを外してクルクルっと巻いておく事もできます。ケーブルを外せるので小さなポーチに入れておいてもOK。

僕はHotTopStarの充電器と充電ケーブル、それと順位のiPhone充電ケーブルを一つのポーチに入れて持ち歩いています。バッグinバッグってやつ?にしておけばカバンの中でぐちゃぐちゃになる事もないし便利。

3,000円以下の価格で充電ケーブル別体式の充電アダプタは珍しいですね。

本体サイズが純正よりちょっと小さい

純正と比べてみれば分かるんですが、HotTopStarの充電器は純正の充電アダプターよりもちょっとだけ小さく作られています。そこまで「ちっさ!」ってくらいの差はないんですが、カバンの中に入れることを考えるとちょっとしたサイズも大事。

サードパーティ製(純正じゃないやつ)の充電器だと、充電口が2つ付いていたりして本体サイズが大きいものもあります。充電口が多いのは嬉しいですが、どうしても一般の電源に挿すとコンセント口が近くて挿せなかったり…。

でもHotTopStarの充電器は本体サイズが小さいので、密集したコンセントにも挿すことが出来ます。外出先で使うには非常に便利ですね。

充電口が1つしかないと不安に思う方もおられるかもしれませんが、サブ充電器でいくつものデバイスを充電することってそんなにないんじゃ…?必要であればMacBookから充電すればOKですしね。

充電速度が純正並み

僕が初めてMacBook Proを使った時、その充電の早さに驚きました。今となっては当たり前になっていますが、やっぱり他のパソコンに比べると充電速度が速かったんですよね。

で、この実はこのHotTopStar充電器も純正と同等レベルの充電速度。純正と同じ61W電力の充電器なので、純正と同じスピードで充電することが出来ます。

喫茶店でちょっと充電したい時にも、純正と同じスピードで充電出来るのですぐに充電完了。「移動しよう。」と思った時には充電が100%になってる感じ。

サードパーティ製の充電器ながら、純正と同じスピードで充電出来るのはかなり快適です。「他社製の充電器だから、充電が遅いんだよねー…。」なんて事はありません。

心配が無くなって毎日を快適にしてくれる

常にカバンの中にはサブ充電器が入っているので、MacBookの充電に対する心配がなくなります。

僕みたいにノートパソコン1台で仕事をしている人にとって、この心配がなくなるのはかなり大きい。毎日の持ち物を考える必要も無くなりますし、いきなりの充電切れにも対応できます。

パンダリオン
気にすることが一つ減るだけで、これだけ快適か!

と思うくらい毎日が快適に。

充電の心配もないですし、普段は純正の充電器を使えばOK。普通に会社へ出社する時には、オフィスに常設している純正の充電器を使えばOK。あくまでHotTopStarはサブ充電器なので、普段はカバンの中に入れておけば大丈夫です。

忘れ物が多い人にとってもHotTopStarのサブ充電器はオススメ。

HotTopStar充電器のデメリット

と言っても、HotTopStarにもデメリットがあります。純正品が7,000円以上もするのにHotTopStarは3,000円で買える。という事は、それだけの理由もあるんです。

次にHotTopStarのデメリットを確認してみましょう。ちょっとした事で僕は全く気にならないんですが、この部分を気にする方も多いのかも?

本体がちょっと重い

MacBook Pro純正の充電器って重いですよね?その重さからカバンに入れて持ち歩くのを断念している人も多いのでは?

重さが原因で持ち歩きを断念している人にとってHotTopStarはあまりオススメできないかもしれません。というのも、HotTopStarは純正充電器とほぼ同じくらいの重さ。

リュックに入れるなら分からないくらいの重さかもしれませんが、ハンドバッグやトートバッグに入れていると

パンダリオン
あ、やっぱり充電器入ってるとちょっと重いな。

と思うくらいの重さ。まあ、パソコンが入っている時点でカバンが重くなるので、僕としてはそこまで気にならないくらい。でも重さを気にする人にとってはちょっと負担かもしれません。

サブ充電器だからもっと小さくて、純正よりも軽いものが欲しい!

という人にとってはHotTopStarはちょっと不便な充電器かもしれません。

充電中に本体が熱くなる

HotTopStarは充電スピードが早いのもメリットなのですが、充電中に本体(アダプター)が熱くなるのがちょっとデメリット。これはしよう環境にもよるらしいんですが、僕は充電しながら作業しているとアダプター本体が熱く発熱します。

さわれないほど熱くなるわけではないのですが、やっぱりちょっと熱くなります。「あ、発熱してるな。大丈夫かな?」なんてちょっと心配になるほど。

ただ、純正の充電器も充電しながらMacBookを使っていると発熱するんですね。温度を測った事はないんですが、体感的には純正と同じくらいの発熱量。なので特に問題はないと思ってます。

MacBook Proのサブ充電器ならHotTopStar

最初は純正の充電器よりも小さくて軽いものを!って感じで探していたんですが、そんな要望にピッタリくる充電器ってなかなか無くて…。いろんな充電器を見て行く中で自分なりに決めた基準が

  • 電力は61W
  • 純正と同等か小さいサイズ
  • 充電ケーブルが別体式
  • 購入者レビューがあるもの

と言った感じ。

パンダリオン
小さくて軽いのがいい!

なんて言っていたんですが、正直純正と同じくらいのサイズ感であれば問題ないのかな?なんて思い出して、純正より大きくなければOKみたいな雰囲気に。まあ、カバンに入れてみるとほとんど困らないサイズ。

サブ充電器ってずっと挿しっぱなしにしておくものじゃないから、規格内の電力が絶対必要だなって感じで61Wというのは譲れませんでした。充電がない時にサッと使ってサッと充電できる方が良くないですか?

なんて感じで、MacBook Proを持っている人ならサブ充電器を持つのがオススメ!実際に使ってみたところ、HotTopStarがオススメです。

MacBook Proを持ち歩いている方、サブ充電器を持ってスマートに仕事してみませんか?日頃の充電不安がなくなるってかなり快適ですよ。

スポンサーリンク

-ガジェット

Copyright© パンダリオン , 2019 All Rights Reserved.