パンダの叫びで世界をハックする

パンダリオン

アクセサリ

【AirPodsレビュー】今さら、Appleのワイヤレスイヤホンを買ってみた!

投稿日:2018年7月14日 更新日:

【AirPodsレビュー】今さら、Appleのワイヤレスイヤホンを買ってみた!

こんにちは、Apple製品大好きパンダリオン(@pandarion_com)です。

僕は仕事柄、1日に何回も電話しています。仕事の連絡、社員からの報告、取引先からの連絡…、など電話を離すことが出来ないような感じ…。普通に電話してもいいんですが、どうしても手が塞がってしまうので作業が止まる。

ということで、今回はAppleから販売されている「AirPods」というワイヤレスイヤホンを購入してみました。一般的には音楽を聴くようのイヤホンですが、僕はワイヤレスの電話といったイメージで購入!

今回はワイヤレスイヤホン「AirPods」の使い方と、使ってみたレビュー。

>>Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン

発売当初は大人気だったAirPods

大人気だったAirPods

AirPodsが最初に発売されたのは2016年の12月。そのちょっと前にiPhone7が発売されたこともあり、「イヤホンジャックが無い!ワイヤレスイヤホンを買えってことか!」とAirPodsがいきなりの大人気。そんな背景もあり、AirPodsを手に入れるのはなかなか大変でしたね。

販売からしばらく経っても品切れ状態が続き、予約したとしても手元に届くまでに数ヶ月かかるような状態…。

僕は、そんな大人気の時には購入せず、ほんと最近AirPodsを買いました。最近は普通にAmazonでも購入できるくらい普及しています。

Apple専用!?のワイヤレスイヤホン

ここまでワイヤレスイヤホンAirPodsが人気になったのは、ご想像の通りApple信者の方達によるSNS拡散が影響しています。

ちょうどAirPodsが発売される直前、iPhone7シリーズが販売されました。iPhone7はイヤホンジャックを廃止した、完全ワイヤレスイヤホン使用のスマホ。ここまで尖ったマーケティングはさすがAppleって感じですよね。

しかも、AirPodsはApple製品とは自動的に同期するということもあり、Apple専用のワイヤレスイヤホンってイメージがあったようです。(実は、そんな事もないんですが…)

AirPodsのメリット

AirPodsのメリット

僕は今までワイヤレスイヤホンって安物しか使ったことがなかったんですが、AirPodsを購入してかなり満足しています。16,800円(税別)という金額はちょっと高かったんですが、それ以上のメリットがあります。

蓋をぱかっと開くだけで自動的に同期

AirPodsの驚くべき機能は、何と言っても同期の簡単さ。

僕は他のワイヤレスイヤホンを使った事もあるんですが、どうしても同期作業が面倒でした。

  1. ワイヤレスイヤホンの電源を入れて
  2. スマホでBluetoothをオンにして
  3. ワイヤレスイヤホンのボタンを長押しして
  4. スマホ側でワイヤレスイヤホンを選択する

みたいな作業が同期の度に必要だったんですよね。しかも、しっかり同期出来ないような時もあって、かなりイライラ…。

でも、AppleのAirPodsはさすがApple専用!?と言われるだけあって、同期の方法がめちゃくちゃ簡単。

iPhoneなどの端末とAirPodsを近づけた状態で、AirPodsの蓋をパカっと開くだけで同期完了。iPhoneの画面には同期しているAirPodsが表示され、充電状態までしっかりと同期されます。同期すればそのままイヤホンを使えるので、毎回設定する必要も無し。

しかも、嬉しいのは「同じApple IDだと自動同期してくれる」というポイント。

僕はiPhone、MacBook、iMacと4つのデバイスを使用するのですが、それぞれで音楽を聴いたり電話したりしています。今までは、それぞれに別々のイヤホンをつけて、その度にイヤホン自体を付け替えていました。

ただ、ワイヤレスになったとしても、そんな時にいちいち設定して同期して…なんてやってられません。

でも!AirPodsならそんな他デバイスの同期も一瞬。iPhoneでAirPodsを使っていてMacBookへ切り替えたい時には、MacBookでAirPodsを選択するだけです。超簡単。

操作性が簡単ってのもAirPodsが広まった理由なのかもしれません。

バッテリーの持ちが5時間

これだけ小さなデバイスでありながら、単体でのバッテリーは5時間持ちます。5時間っていうとイヤホンを使うことから考えれば十分な充電量ですね。

しかも、AirPodsはケースに入れれば充電することができるんです。ケース自体がモバイルバッテリーのようになっており、ケースにイヤホンを収納すれば自動的にイヤホン本体が充電されます。

ということもあり、AirPods自体のバッテリーは24時間以上持つんですよね。イヤホン本体の充電がなくなってもケースに入れれば充電されますし、ケース自体の充電は1日では無くなりません。

充電して使って、充電して使って…、と繰り返したところで24時間は持つので、2日に1回くらいの充電で大丈夫そうです。

なんか最先端っぽい操作性

実は、AirPods本体にはボタンなどが付いていません。普通だったら音量アップボタンや曲送りボタンがついていてもいいものですが、AirPodsは何も無し。

というのも、AirPodsの操作はタッチ操作なんです。イヤホン本体をパパッとタップすることで電話に出られたり、曲送りしたり出来ます。

カチカチボタンを押すんじゃなくて、タップでさらっと操作できるのも新しい物好きには嬉しいポイントですね。

ただ、欠点なのが音量の上げる下げる操作はAirPods本体では出来ません。iPhoneやMacBookなどデバイス側で設定する必要があります。耳が悪くて電話が聞き取りにくい僕として、この点だけはちょっとデメリット。

出来ればAirPods本体で音量調整もできると嬉しいんですけどね。

完全ワイヤレスでストレスレス

(ストレスレスってなんだか読みにくいですね。ストレスあるの?ないの?ってわかりにくい)
と、そんな横文字使いたくなるくらい、AirPodsのワイヤレス体験は最高。

ワイヤレスイヤホンってケーブル付きのものも売ってますよね。使わない時に首からかけれるような形のやつ。

うちのデザイナーはあれを使ってるんですが、結局は髪の毛に引っかかったり、襟のある服だと服に引っかかったりして邪魔らしいんですよね。特に女性は髪の毛に引っかかって、すぐにイヤホンが耳から外れるみたいです。

でも、AirPodsならそんな心配もいりません。完全独立型のワイヤレスイヤホンなので、何にも邪魔されること無いですし、スッポリと耳に入れば落としてしまう心配もありません。

ちょっと外の音が聞こえるくらいが丁度良い

僕はあまり小物を持つとすぐ失くしてしまうタイプなんで、AirPodsも最初は心配でした。

パンダリオン
ポケットへ入れたまま落としたらどうしよう…。カバンの中で無くならないかな。

なんて心配だったんですよね。まあ、ちゃんと管理しておけって話なのかもしれませんが…。

で、そんな僕が思ったのが

ずっと付けておけば、無くならないんじゃない!?」って。

そう、いちいちAirPodsを外すから無くなるんですよね。ということは、使わない時にもずっと耳に付けっ放しにしておけば良いんじゃないかって。

それだと、周りの音が聞こえないんじゃない?

なんて思われるかもしれません。普通のイヤホンだとそうかもしれませんね。でも、AirPodsなら大丈夫。

ちょっとネットでデメリットとして紹介されているように、AirPodsは遮音性(周りの音をシャットアウトする機能)が弱いんですよね。音楽を聴いていても周りの音が入って来ちゃう感じ。

ということは、音楽を流さずに耳につけているだけなら、普通に会話できちゃうんです。それくらい遮音性が低い(笑)

なので、僕は電話していない時、音楽を聴いていない時でもAirPodsを付けっ放し。失礼にならないよう、相手には説明しますが、打ち合わせの時にもAirPodsを付けっ放しです。こうしておけば失くさないし大丈夫!

遮音性が低いってのはデメリットかもしれませんが、僕にとってはちょっとしたメリットでした。

AirPodsのデメリット、というか使わない機能

AirPodsのデメリット

AirPodsって完全ワイヤレスってことで色んな機能が付いているんですが、正直使わない、使えない機能もあるんですよね…。まあ、使わない機能は使わなければ良いだけで、デメリットって感じじゃないんですけど。

Siriは使わない、というか恥ずかしい

Apple製品ということもあり、AirPodsにもSiri機能が付いています。

AirPodsを付けた状態でイヤホン本体をダブルタップすればSiriが起動して、音声で操作できます。曲を変えたり、電話をかけたり、音量調整もできます。

ただ、Siriを使うってことはイヤホンに対して話しかけないといけないわけで…、AirPodsを付けた状態で「音量下げて!」とか言わないといけないんですよね。

自分一人の空間なら良いのかもしれませんが、事務所や電車の中など他の人がいる状況でSiriを使うのはちょっと抵抗ある…。「いきなり何言ってんだ!?」なんて目で見られかねません。

最近になってワイヤレスイヤホンも浸透してきたので、変な人って感じではないのかもしれませんが、それでもやっぱり目につくことに変わりありません。Siriは恥ずかしいですね。

と言っても、Siriが付いているから使わないといけないわけではないので、僕はSiriは無いものとしてAirPodsを使っています。Siriを使わなくても、そこまで不便はしていませんしね。

イヤホン本体が外れやすい人もいる…らしい

これは発売当初から言われ続けている問題ですが、イヤホン本体が耳に合わずに外れやすい人もいるみたいです。

  • ランニングしている時に外れて無くした
  • 階段を駆け上がった時に落とした
  • うつむいただけで外れた

などなど、AirPodsが外れやすいって情報がたくさん出ていました。僕自身

パンダリオン
そんなに簡単に外れるのは困るな…。

なんて思っていたんですが、心配な方はApple純正のEarPods(普通のAppleイヤホン)を付けてみるといいでしょう。AirPodsも形は一緒です。

なので、純正イヤホンを付けた状態で頭を振ったりジャンプしたり…と動いても外れないようならAirPodsも大丈夫だと思います。なかなか試着できるものでは無いので心配かもしれませんが、そう言った形で確認できます。

僕は純正イヤホンをずっと使っていましたし、違和感もなかったのでAirPodsの装着感も良好。ウォーキングするときも、仕事するときも、移動の時も、常につけていますが外れたことはありません。

外れやすい方のために、楽天やAmazonではイヤホンカバーが販売されているので、装着感が気になる方はそちらもチェックしてみるといいかもしれません。イヤホンカバーを付けたら外れにくくなった方も多いようですよ。

総合して、AirPodsは絶対買い

しばらくAirPodsを使ってみましたが、確かにこれは”買い”な商品だと思います。ワイヤレスイヤホンを検討している方なら買って損ない商品ですね。

16,800円という金額はちょっと高いと思うかもしれませんが、安いワイヤレスイヤホンを買うくらいなら最初からAirPodsを買っておいたほうが絶対いい。安いイヤホンって言っても2,000円〜3,000円くらいしますしね。

僕も安物のワイヤレスイヤホンを使ったことがありますが、AirPodsは世界変わりますね。それくらい買ってよかったと思ってます。

AirPodsの新型が発売される?

実は、AirPodsの新型が発売されるって噂が出ているんですよね。2018年のうちに発売されるのでは?って感じで話が進んでいるんですが、その真実はまだ分かりません。各所で噂が上がってますけどね。

新型のAirPodsは

  • 防水機能
  • ワイヤレス充電
  • ノイズキャンセリング機能

が付くと言われていますが、どうなんでしょう。これくらいの機能であれば、今年中には発売してもおかしくないような気がします。ただ、そこまで新型AirPodsを確定させている情報が出ていないので、どうなんでしょう。

しかも、一部でAppleからワイヤレス充電対応AirPodsケースが発売されるとの噂も出ています。これは新型AirPodsではなく、ワイヤレス充電に対応したケースだけ。

ということは、新型のAirPodsは出ないのかもしれませんね。新型を発売するのに、ワイヤレス充電対応のケースだけ販売することも考えにくいですし…。

これからもAppleのMusicアクセサリーに注目ですね。

>>Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク

-アクセサリ

Copyright© パンダリオン , 2019 All Rights Reserved.